おぎもくブログ

カテゴリー: ブログ

床の間の改修

 

黒田庄町の岡本工務店様の

お寺の床の間の改修現場です。

 

 

 

 

 

全て材を使用されています。

 

 

 

 

飾り棚に改修されました。

桧の良い香りが漂っています(^-^)

 

 

上棟されました!!

 

福知山市の池田工務店様が上棟されました!!

 

 

 

 

 

構造材米松

土台は、を使用されています。

 

 

木の良い香りで溢れています(^-^)

 

 

 

改修現場 完成しました

 

H工務店様の離れの改修現場が完成しました。

 

 

 

改修前

 

 

 

 

改修後

 

 

 

 

 

 

 

 

縁側の床には、杉床 すぎもく15mm厚

壁には、杉羽目板、壁板を使用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

階段は、杉の無垢材を加工して施工されています。

 

 

 

春の木木市のお知らせ

 

2017年5月20日(土)に恒例の

春の木木(もくもく)市が開催されます!!

 

 

 

 

おぎもくでも着々と端材の準備をしています。

 

 

お楽しみに(^-^)

 

 

無垢天板

 

内地栂(トガ)無垢天板です。

 

 

 

 

 

自社製材で、中温乾燥で時間をかけ、じっくりと乾燥し

十分な時間をかけて、養生してから仕上げています。

 

 

耳付きにすることで、更に無垢材の良さが出ています(^-^)

 

 

 

リフォーム中

 

 

丹波市の細見建築様のリフォーム現場です。

 

 

 

 

 

土間だった所を、DKキッチンにリフォームされています。

 

 

 

 

床下の高さが取れないので、湿気対策を兼ねて すぎもく30mm

捨て貼りに使用されています。

 

仕上げ挽き

 

柱の仕上げ挽きをしています。

 

 

仕上げ挽きとは、柱を乾燥・養生の後

乾燥により生じた反り・曲りを修正挽きする作業の事です。

 

 

 

手間を減らす為 乾燥後、仕上げ挽きをせずにモルダーで一気に加工する方法もありますが

この方法だと、加工後も反り・曲りが生じる可能性が高くなるので

1本1本、反り・曲りを見極めて仕上げ挽きをします。

 

 

 

 

仕上げ挽きで、反り・曲りを修正した後、モルダーと言う機械で

4面木づくり加工をします。

 

仕上げ挽きをした柱は、家を建てた後も、反り・曲りがほとんど生じません(^-^)

 

 

 

 

 

上棟されました。

 

丹波市の田野住宅様が上棟されました!!

 

 

 

 

 

 

構造材は、米松。

柱と土台は、桧です。

 

 

 

 

天候にも恵まれました!!(^-^)

 

 

 

 

空家改修工事

 

篠山市の畠井工務店様の現場です。

 

 

 

 

 

床は、すぎもく30mm厚

壁は、杉無垢羽目板を使用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関ホールには、桧無垢15mm厚フローリングを施工されました。

 

 

 

 

 

無垢材をふんだんに使用されて、いい香りに包まれています(^-^)

 

 

改修現場

 

篠山市の前中建築様M様邸倉庫の改修現場です。

 

 

 

 

 

 

 

以前の梁桁、母屋を残して、屋根、外壁を施工されています。

 

 

 

 

 

桧のタルキを使用して、軒化粧の仕上がりです。