おぎもくブログ

カテゴリー: ブログ

桧 羽目板

 

桧の羽目板(はめいた)を施工されています。

 

 

 

 

 

 

 

本実(ほんざね)目透かし(めすかし)加工合じゃくり(あいじゃくり)加工

弊社で一貫して製材・加工しています。

 

 

今回は、内装壁の腰板塀の腰板に使用されました。

 

 

上棟されました。

 

 

篠山市の(株)中井工務店様が上棟されました。

 

 

 

 

 

 

二日がかりで、順調に進んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

桧の柱材、杉の横架材は、全て中温乾燥木材です。

 

杉床 すぎもく実験経過

 

パンの切れ端を密封した瓶に入れ、その中に杉床 すぎもく

や他の木材を入れて、実験しています。

 

 

 

 

 

杉の中温乾燥木材に、オスモフロアクリアを塗装したものは、カビが発生していませんが

杉の高温乾燥した板には、多くのカビが発生しています。

 

 

 

 

 

 

こちらは、8月11日から実験中の杉床 すぎもく

 

 

 

 

 

桜 無垢フロアと合板フロアはカビの範囲が広がっています。

 

 

 

 

杉床 すぎもくシリーズはカビが発生していません。

 

 

 

 

同じ樹種でも乾燥方法の違いにより、その後の製品の品質に大きな変化が現れています。

 

 

 

杉床 すぎもくシリーズは全て中温乾燥木材です。

 

 

 

 

長尺材の製材

 

 

長さ6m杉の丸太を製材しています。

 

 

 

 

 

今回は全て構造材に製材します。

大きいサイズでは、長さ6m×12cm×39cmになるものも!!

 

 

 

 

桟積みをした後に、乾燥機に入れ中温乾燥でじっくりと乾燥します。

 

 

杉 無垢枠材

 

枠材杉の無垢材で使用して頂く物件が増えています。

 

 

 

 

 

 

多くの受注に対応する為、中温乾燥の原板も在庫量を増やし

多種多様のサイズにも備えています。

 

 

この写真は、H様邸の枠材で、建具枠材として使用されます。

 

 

上棟されました。

 

 

丹波市の畑中工務店様(H様邸)が無事上棟されました。

 

 

 

 

 

構造材は、米松柱、土台で全て中温乾燥木材です。

 

 

 

匠の技フェア

 

第3回 Tamba匠の技フェアに出展しました!!

 

 

 

 

杉床 すぎもくに実際に触れて頂いたり、抗菌実験の現物も

見ていただきました。

 

 

会場が丹波ゆめタウンポップアップホール

一般の人に見て頂く機会は初めてでしたが、大好評で

「杉床 すぎもくをもっと早く知ってれば」の声も聞かれました。

 

 

 

 

 

神戸新聞にも載りました。

 

匠の技フェアに出展します!!

 

10月20日(土)に丹波ゆめタウンポップアップホールで開催される

Tamba匠の技フェアに出展します。

 

 

 

 

 

杉床すぎもくシリーズや実験中のすぎもくも展示します。

 

 

是非とも、杉床すぎもくシリーズに触れてみてください(^-^)

 

 

完成しました

篠山市の園田工務店様の新築が完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

広いリビングの吹き抜けの天井には、杉の無垢羽目板

 

 

 

 

 

テレビボードの壁には、工務店社長様が様々な樹種の無垢板を

四方形に作られ凹凸をつけながら一辺ずつ貼り上げられています。

 

 

古民家改修

 

 

丹波市の酒井工務店様の、店舗古民家改修が無事に完成しました。

 

 

 

 

 

古材と新材の調和が素晴らしいです。

 

 

田舎の風土に合った佇まいの中で頂く料理は格別ですね。