おぎもくブログ

カテゴリー: Q&A

幅330mmの雨戸板

 

 

建具屋様が仕上げた、天戸板です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉の無垢材無節上小材です。

 

そして、厚みは15mmで、1枚の幅は330mmあります!!

 

 

 

 

 

古民家の風情にぴったりですねモグモグ

 

 

 

 

 

 

杉 無垢フローリングQ&A

杉 無垢フローリングについての問い合わせをまとめてみました。
Q:杉は傷つきやすいと聞いたけど?
A:確かに杉は柔らかいため傷つきやすいです。尖ったものを落とせば
簡単に傷がつきます。絶対に傷はダメと思われる方には
向いていないかもしれません。
しかし柔らかいということは、衝撃を和らげる効果が大きいです。
厚みのあるフローリングだと、歩くだけでも衝撃が少ないのがわかります。その為安全面では大きいです。私の家でも使用してますが
そう目立つ傷ができるわけでもありません。

Q:傷を防ぐため、ウレタン塗装などのコーティングをしようと思うけれど?
A:最近では、傷防止の為コーティングした無垢フローリングをよく見かけるようになりましたが、あまりおススメはできません!!
なぜなら、無垢材の最大のメリットである調湿作用が無くなります。
調湿作用が無くなると湿気を通さなくなりフローリングが呼吸出来なくなります。
その為、無垢材の良さが無くなり木材が反る原因にもなります。

Q:無垢フローリングは、乾燥材でも反ると聞いたけれど本当なのか?
A:このことは、まだまだ誤解が多いです。
木材が反るのには2種類のパターンがあります。1つは乾燥の甘い材料を
使用することにより施工後に木材が収縮して隙間が開くパターン。
もう一つは過乾燥により含水率が下がった状態で施工し
後に湿気を含んで膨張し膨れ上がるパターンです。
(株)おぎもくでは、乾燥はすべて含水率を12%以下まで落とします。
そして乾燥後は、最低でも1か月養生します。
この養生期間が非常!!に重要です。養生することにより木材の水分が落ち着き
その後加工すれば、施工後はほとんど反ることがありません。
木材の反る原因は、未乾燥と過乾燥がほとんどです。