おぎもくブログ

カテゴリー: フローリング

杉床すぎもく用の丸太

 

杉無垢フローリングの杉床すぎもく用の丸太の皮向きをしました。

 

 

 

 

 

 

一見すると同じように見えますが、人間と同じで様々な個性があります。

曲がりや癖のない真っ直ぐな木が良いですが、更に年輪や色などいくつもの確認をします。

 

 

 

その中で杉床すぎもく用の丸太を選別しますが、製材時に更に適正な製品に選別します。

製品の種類も30種類以上あるので、製材の見極めも大切になってきます。

 

 

杉床すぎもく39mm厚を施工されました

 

丹波篠山市の園田工務店様の現場です。

 

床材に 杉床すぎもく39mm厚(上小グレード)を施工されました。

 

 

 

 

 

 

 

39mm厚は、見た目の迫力もあります。

もちろん、人と木に優しい中温乾燥木材です。

 

高温ではなく中温で時間をかけてゆっくりと乾燥することで

木が本来持っている成分を壊すことなく木の香りがあふれる杉無垢フローリングです。

 

 

 

 

 

加工精度や施工性もとても良かったとの言葉を頂きました(^-^)

 

 

上棟されました

 

 

丹波篠山市の(株)中井工務店様の棟上げです。

 

 

 

 

住居と事務所の併設になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平屋建てで、コの字型で大きな建物で迫力があります!!

 

 

 

 

 

 

全てが弊社の中温乾燥木材です。

完成が楽しみですね(^-^)

 

完成しました!!

 

 

畠井工務店様の新築工事が完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床材は、杉床すぎもく30mm厚小節グレード・浮造り仕上げ

は、上小の羽目板です。

 

 

 

 

 

天井現しは、杉の節あり化粧材

 

 

 

 

 

 

 

無垢材に囲まれたとても素敵な家ですね。

 

施主様も大変喜んでおられました(^-^)

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもく施工されました

 

 

丹波篠山市の株式会社中井工務店様の新築現場です。

 

 

杉床すぎもく15mm厚 Fグレード(赤身材 節あり化粧材)エンドマッチ加工品

を施工されました。

 

 

 

 

 

全ての部屋の床に施工して頂きました。

足触りも良く、暖かみを感じます。

 

 

 

 

杉床すぎもくは、丸太の選別からこだわり、中温乾燥でじっくりと仕上げた

人と木に優しい杉無垢フローリングです。

 

 

リフォーム完了しました

 

南丹市の(株)木工舎様のリフォーム現場が完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床は、杉床すぎもく39mm厚 Fグレード(赤身 節あり化粧材 浮造り仕上げ)です。

 

 

 

 

 

梁のアクセントも良く、温もりがある仕上がりになってます。

 

 

 

外壁に杉床すぎもくを。

 

 

丹波篠山市の株式会社中井工務店様の現場です。

 

 

外壁に杉床すぎもく15mm厚 Fグレード(節あり赤身化粧材)を施工されています。

 

 

 

 

 

 

 

Fグレードは、杉の赤身部分のみを厳選しています。

もちろん全て中温乾燥木材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無塗装で、自然に灼けていくのを楽しみにされているそうです。

無垢材ならではの楽しみ方ですね(^-^)

 

 

杉床すぎもく 出荷

 

多くの現場に杉床すぎもくを使用して頂いています。

 

杉床すぎもくとは杉の無垢フローリングで丸太選びから徹底し

木材と人に優しい中温乾燥で仕上げています。

 

 

 

 

中温乾燥で仕上げた杉床すぎもくは、木の香りも良く調湿作用にすぐれ

施工後の反り・曲がりがほとんど生じません。

また不眠症が治ったなど、うれしい報告も受けています。

 

 

 

 

 

 

この4月よりエンドマッチ加工を規格品として出荷しています。

(エンドマッチとは、縦方向にジョイント部分を加工している加工方法です)

 

 

 

 

 

 

エンドマッチ加工は、施工性が大変良く、現場でも扱いやすいので大好評の製品になっています。

 

 

 

棟上げされました

 

 

 

丹波篠山市の(有)岡田工務店様の現場です。

 

 

 

 

 

 

 

コテージを2棟続いて棟上げされました。

 

 

 

 

登り梁の上端をシャクリプレカットし、現しの天井材も兼ねて

杉床すぎもく30mm厚 Mグレード(節あり源平化粧材)を施工されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桧のタルキを使用し、断熱材を入れつつ通気層も作り、屋根終いをされました。

 

 

 

 

 

 

古民家改修現場

 

 

丹波市の(有)田野工務店様の古民家改修現場です。

 

 

 

 

四つ間取りの和室の畳下に 杉床すぎもく15 Sグレード(節あり1等材)

施工されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもくは、2m×15mm×145mm働きの本実加工ですが

施工性もとても良いとの事でした。