おぎもくブログ

カテゴリー: 内装材

杉床すぎもく出荷しました

 

丹波篠山市の暮らしズム様の現場に杉床すぎもくを納材させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉床すぎもく15mm厚 Fグレード(節あり 赤身化粧材)

エンドマッチ加工

 

 

 

 

 

 

 

 

以前納材させて頂いた施主様から再度のご注文を頂きました。

 

 

 

また、新規のお客様からの問い合わせも多く頂いています。

最近は、エンドマッチ加工品の注文が大幅に増加しました(^-^)

 

 

 

 

杉床すぎもくは、丸太の仕入れから製材・中温乾燥・養生・加工の工程を

すべて自社で行っている、杉の無垢フローリングです。

土間の腰壁に杉の化粧板を施工されました

 

 

福崎町の古民家改修現場です。

玄関の腰壁の上小グレードの化粧板を浮づくり仕上げした材を施工されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮づくり仕上げにより、杢目が浮き上がっていい感じに仕上がっています。

 

 

 

古民家改修に 杉床すぎもくを。

丹波市の酒井工務店様の古民家の離れの改修現場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

離れの一部を大広間にして、ヨガ教室を開かれる方に貸し出しされるそうです。

床は、杉床すぎもく30mm厚 Fグレードを施工されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fグレードは、節あり化粧材赤身部分のみを使用した、杉無垢フローリングです。

そして、人と木に優しい中温乾燥木材です。

 

 

 

 

 

 

足触りの良さに施主様も大変満足されておりました(^-^)

 

 

卓球室に杉床すぎもくを施工されました

 

 

西脇市の藤井大工様の現場です。

倉庫の一部を改修して、卓球室を造られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大工さんから相談を受け、床材に杉床すぎもく 30mm厚(Mグレード)

採用されました。

 

オスモフロアークリアを塗布されています。

 

 

 

 

 

 

 

施主様は80代の卓球をされている方で、仕上がりに喜んでおられました(^-^)

 

 

 

 

 

 

実は、自分も部屋の床に杉床すぎもくを施工して、卓球室を造りましたが

それで、全国大会決勝まで勝ち進んだので、杉床すぎもくの効果ありですね(^-^)

 

 

押し入れ中段・枕棚セット

 

丹波篠山市の前中建築様のリフォーム現場です。

 

 

 

 

収納に杉 押し入れ中段セットを施工されています。

壁は、杉板です。

 

 

 

 

 

 

 

おぎもくオリジナルの押し入れ中段・枕棚セットは、全て乾燥材で加工済です。

施工の効率も良く、大人気商品です(^-^)

 

 

古民家の階段取り換え

 

丹波市の酒井工務店様の古民家の階段の取り換えです。

 

 

 

 

 

 

 

 

桧無垢材、上小の板です。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近では、集成材でプレカットされることがほとんどですが

手刻みで加工されているので、匠の技を感じます(^-^)

 

 

リノベーション改修現場

 

 

 

丹波篠山市の(株)中井工務店様のリノベーション改修現場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小屋裏を吹き抜けにされて、腰壁の上小グレードの格子材を使用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

格子材も中温乾燥木材で、いい感じに仕上がっています。

 

 

 

杉羽目板を玄関天井に

 

 

西脇市の七福建設様の現場です。

 

玄関天井杉の羽目板を施工されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

等級は上小です。

実際は、ほとんど無節材になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は、天井に羽目板を施工される工務店様が多く

人気商品になっています(^-^)

 

 

 

杉床すぎもく 経年変化

施工後1年が経過した、杉床すぎもくです。

 

 

 

 

杉床すぎもく39mm厚 Fグレード(節あり赤身化粧材)

(浮づくり加工 オスモ塗装)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中温乾燥材養生期間もしっかりと取っている為、実(さね)の開きもありません。

 

 

 

浮づくり加工で、傷も目立たず無垢材の良さが出ています。

 

浮づくり加工

 

 

 

杉床すぎもく浮づくり加工をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

浮づくり加工とは、板の表面をブラシで削り木材の固い部分を浮き上がらせる加工方法です。

浮づくり加工で表面に凹凸ができることにより、足触りが大変良くなり

傷が付いても目立ちにくくなります。

 

 

 

 

 

 

 

こちらが、浮づくり加工前

 

 

 

 

 

 

 

こちらが浮づくり加工後

 

 

 

 

 

 

 

写真だとわかりづらいですが、触ってみると違いがすぐにわかります。

 

浮づくり加工により足触りが良くなり、快適な生活を送れるとの声を多く頂き

大人気商品になっています。