おぎもくブログ

カテゴリー: JAS(日本農林規格)

杉構造材の加工

 

杉の構造材四面仕上げ中です。

 

中温乾燥して、養生期間を1か月以上取っています。

中温乾燥でじっくり乾燥することにより、木本来の成分を残せることが出来て

養生期間をしっかりと取ることにより、品質が安定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四面プレナーで加工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高温乾燥の木材に比べ、手間は少しかかりますが仕上がった製品は全く違います。

 

 

 

 

現場で施工する大工さんが違いを一番感じていて

中温乾燥材と高温乾燥材でこんなに違うとは思わなかったとよく言われます。

 

斬新なバス停が完成しました!!

 

 

篠山市本郷の松隣寺口のバス停口からとった

「SHO ショウ」をモチーフされた斬新なバス停が完成して話題になっています!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このバス停は、篠山市の若手工務店グループ住倶楽部(すくらむ)と神戸芸大の学生さん

ドイツから日本の建築を学びに来られた学生さん達とで連帯事業として行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桧の角材を納めさせていただきましたが、この角材を少しずつ斜めに落として

材を合わせて曲線に仕上げされてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中井工務店様の作業場で手解きを受けながら、初めての経験に学生さん達も

四苦八苦しながら頑張ってました!!

 

 

 

 

ドイツの学生さんは、日本人以上に勤勉でまじめだったそうですモグモグ

 

 

 

 

JAS(ジャス)認定工場

(株)おぎもくは、JAS認定工場を取得しています。


JASとは、日本農林規格の略であり、加工食品・木質建材等の品質と表示について
定めたものです。
言葉ではややこしいですが、木材の等級をきちんと格付けされた製品を
出荷出来る認定を受けた工場という意味です。
詳しくは、JAS協会に書かれています。
現在、兵庫県が実施している「県産木材利用木造住宅特別融資制度」も
「ひょうご認証製品(すぎ、ひのき14品目)」
を使用することになっています。
平成21年3月1日より製材の登録機関が「全木連」から「全木検」に
全面移行しますが、(株)おぎもくは認定済みですので、
ご安心してご利用ください
おてんき

JAS(日本農林規格)

JAS(日本農林規格)とは、農林水産大臣が制定した規格で、
検査に合格した製品にJASマークを付けることが認められる制度です。
今まで、あいまいな部分のあった木材の含水率、丸み、サイズを規格化し、
検査に合格したものだけをJAS製品とします。
公共事業・住宅金融公庫融資住宅には、JASマーク付の製材品が指定されています。
当社は、もちろんJAS認定工場ですので、安心して御使用ください(^0^)

JASマークシール
JASマークは、木材の種類、等級、乾燥、寸法、製造業者名が記されます。
信頼できる住宅や木材製品には、
信頼できる品質や性能を表示したJAS製品を使うのが常識です。