おぎもくブログ

カテゴリー: ブログ

杉床すぎもく 経年変化

施工後1年が経過した、杉床すぎもくです。

 

 

 

 

杉床すぎもく39mm厚 Fグレード(節あり赤身化粧材)

(浮づくり加工 オスモ塗装)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中温乾燥材養生期間もしっかりと取っている為、実(さね)の開きもありません。

 

 

 

浮づくり加工で、傷も目立たず無垢材の良さが出ています。

 

桧 平割根太

 

 

 

古民家改修現場の床組に、弊社オリジナルの桧 平割60角の根太を施工されています。

 

 

 

 

 

一般的に市場に出回っている桧の根太は、ほとんどが芯持材なので

反りが多く、施工も大変な時があると意見を頂いていました。

 

 

 

 

 

 

そこで、平割の盤をプレナーとギャングで加工して、芯去り材の根太を生産しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、中温乾燥木材で、乾燥後は養生期間をしっかりと取っています。

大工さんには、反りも少なくビス施工も楽だと、大好評を頂いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日も、福井県の今井建築様に納材させていただきました。

 

 

 

浮づくり加工

 

 

 

杉床すぎもく浮づくり加工をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

浮づくり加工とは、板の表面をブラシで削り木材の固い部分を浮き上がらせる加工方法です。

浮づくり加工で表面に凹凸ができることにより、足触りが大変良くなり

傷が付いても目立ちにくくなります。

 

 

 

 

 

 

 

こちらが、浮づくり加工前

 

 

 

 

 

 

 

こちらが浮づくり加工後

 

 

 

 

 

 

 

写真だとわかりづらいですが、触ってみると違いがすぐにわかります。

 

浮づくり加工により足触りが良くなり、快適な生活を送れるとの声を多く頂き

大人気商品になっています。

 

 

 

古民家改修工事が始まりました

 

 

 

丹波篠山市の岡田工務店様の古民家改修工事が始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桧の柱と根継ぎ柱を納材させていただきました。

 

 

 

 

 

 

どのように仕上がっていくか楽しみですね(^-^)

 

エンドマッチ加工

 

 

杉床すぎもくエンドマッチ加工をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンドマッチ加工とは、フローリングを縦の方向に繋いで施工できるようにした加工です。

 

 

 

 

 

 

 

 

エンドマッチ加工することにより、作業効率が格段に上がり正確に施工できます。

 

 

 

 

 

 

 

リフォームの現場や4mの長さだと取り回しの難しい現場でも

エンドマッチ加工品だと、スムーズかつ正確に施工できるので、大人気の商品です(^-^)

 

 

 

 

車庫の新築

 

丹波篠山市のエイチアンドー 一級建築士事務所様のご自宅の車庫の新築現場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

構造材は、材。

全て中温乾燥木材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お仲間で建て方をされて、屋根は、なんと藁葺きにされる予定です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成が楽しみですね(^-^)

 

 

 

凍結木材

 

 

 

冷え込みが強くなると、凍結木材が出てくるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丸太の辺材部分(白い部分)が凍結しています。

一見すると、あて材にも見えますが、辺材の水分が凍っています。

凍結木材は製材がやっかいで、普通に製材すると鋸が真っ直ぐ進まず

均等な厚みが取れなくなります。

 

しかも、なかなか溶けないので大変ですね(^-^;

 

床と天井に 杉床すぎもく

 

 

舞鶴市のNODA工務店様の現場です。

 

 

杉床すぎもく15mm厚 Sグレード(節あり1等材)を屋根の化粧野地に使用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階の床には、杉床すぎもく39mm厚 Mグレード(節あり 源平化粧材)を施工されます。

 

 

 

 

 

 

 

仕上がりが楽しみですね(^-^)

 

 

 

お宮の改修

 

 

丹波篠山市の西山工務店様がお宮さんの改修をされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別注サイズの無節材を納めさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は、リフォームも現場も増加していますが

色々なサイズの無垢加工材に対応しています(^-^)

カウンター材の加工

 

加古川市の田代工務店様に使用される杉のカウンター板を加工しています。

 

 

 

 

 

 

長さ3m。巾700mmの耳付板。

まずは、巾600mmまで落とします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両耳を落としました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレーナーと言う機械で四面仕上げします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗に仕上がりました。

(両耳と比べてみると違いが良くわかります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、丹波篠山市のまさみ工務店様の桧(無節)の式台の注文材を四面仕上げしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巾は、600mmまで対応できます。