おぎもくブログ

フローリングを見て驚かれます!!

 

(株)おぎもくの展示場や加工場に 杉床 すぎもく施工しています。

 

 

 

 

 

 

和久湧久工房 展示スペース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成22年1月に施工したので、約6年半経過しています。

 

 

 

 

 

 

無節~上小グレード

 

 

 

節有 化粧グレード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは 加工場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業場に 杉床 すぎもくを施工しています。

こちらも6年ほど経過しています。

そして、毎日土足で使い倒していますイヒヒ

 

 

 

 

 

 

 

 

わかりづらいですが、毎日土足で歩いていると、浮造り加工のようになってきますニコニコ

 

 

 

 

 

施主様や大工さんを案内する時がありますが、多くの人が

フローリングが反っていない!!と驚かれます。

 

 

特に大工さんは、びっくりされます。

 

 

 

 

 

 

元々、無垢のフローリングは反るという固定観念があり

乾燥の状態で多少の差が出るくらいと思われている人が多いです。

 

 

 

無垢材は自然のものなので、水分が抜けるにつれ

反りが生じるのは、普通の事です。

 

 

 

その為、フローリングを施工後、さねの隙間が大きく開いても

無垢材はこういうものだからと言った言葉をよく耳にします。

 

 

 

しかし

丸太の選別・製材・乾燥・養生・加工の工程をきちんとすれば

反りのほとんど生じないフローリングを生産することは可能です。

 

 

 

 

ちなみに加工場のフローリングは、数年前丹波地方を襲った豪雨で

10cm程の床上浸水となり、10時間以上水に浸かった状態でしたが

それでも、反りはほとんど生じませんでしたモグモグ

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です