おぎもくブログ

自由水と結合水

 
木材に含まれる水分に 自由水結合水があります。

自由水とは、木材の中に入り込んでいる水。
結合水とは、木材を形成している分子と結びついている水。

と 文字にするとややこしいだけなので

水を含ませたスポンジを木材と例えます。

スポンジをしぼった時に出てくる水が自由水。
スポンジを形成している分子と結びついている水が結合水です。
(結合水は、この状態では見えません)

そして、木材を乾燥させるとまず自由水が抜けて、その後に結合水が抜けていきます。

自由水は比較的簡単に抜けますが、結合水はなかなか抜けません。
そして、この結合水が抜け始めると、木材の収縮や変形が起こり始めます。
(自由水が抜けた時点での含水率は、約30パーセントです)

自由水が抜けた木材に触れると、乾燥材のように感じますが 数か月経つと
結合水が抜け始めるので、木材の変形が起こり始めます。

これが、施工後しばらくしてから、床の変形や音がバシッとなるなどの原因のひとつになっています。

これを防ぐには、結合水を乾燥させる必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です